節約ブログ

映画を安く見る方法9選。いつでも割引料金で映画を楽しめる!

安い料金で映画を楽しむ男女

「映画館で見る映画が大好きなんだけど、料金がもうちょっと安かったらなぁ~」

と感じたことはありませんか?

映画の一般基本料金は1,700円~1,900円と結構高いので、お金の出費が気になってしまうこともありますよね。

そこでこの記事では、これまで何回も映画を安い料金で見てきた僕が、映画を安く見る方法をまとめて大紹介していきます。

定番の安くなる方法から、格安の1,000円になる方法までご紹介していくので、映画館で映画を見る方は必見ですよ

こーちゃん
いろんな安くなる方法を知り、いつでも割引料金で映画を見れるようにしましょう。

映画館の割引サービスを利用する

映画館の割引サービス

映画館の割引サービスを利用するのは、映画を安く見る定番の方法です。

どの映画館にも「料金が安くなる日」「料金が安くなる時間帯」などが必ずといっていいほど設けられています。

映画好きの方であればすでにご存知なことかもしれませんが、この機会に改めて近所の映画館の割引サービスを確認してみましょう。

割引の一例として、大手シネコン社のサービスをご紹介しておきます。

イオンシネマ
(一般基本料金:1,800円)
  • 毎週月曜日:1,100円(ハッピーマンデー)
  • 毎月1日:1,100円(ハッピーファースト)
  • 12月1日:1,000円(映画の日)
  • 平日朝10時台までの上映作品:1,300円(ハッピーモーニング)
  • 毎日20時以降の上映作品:1,300円(ハッピーナイト)
  • どちらかの年齢が50歳以上のご夫婦:二人で2,200円(夫婦50割引)
TOHOシネマズ
(一般基本料金:1,900円)
  • 毎月14日:1,200円(TOHOシネマズデイ)
  • 毎月1日:1,200円(ファーストデイ)
  • 12月1日:1,000円(映画の日)
  • 毎日20時以降の上映作品:1,300円(レイトショー)
  • 女性限定の毎週水曜日:1,200円(レディースデイ)
  • 60歳以上:1,200円(シニア割引)
  • どちらかの年齢が50歳以上のご夫婦:二人で2,400円(夫婦50割引)
松竹マルチプレックスシアターズ・MOVIX
(一般基本料金:1,800円)
  • 毎月20日:1,200円(MOVIXデイ)
  • 毎月1日:1,200円(ファーストデイ)
  • 12月1日:1,000円(映画の日)
  • 毎日20時以降の上映作品:1,400円(レイトショー)
  • 女性限定の毎週水曜日:1,200円(レディースデイ)
  • 60歳以上:1,200円(シニア割引)
  • どちらかの年齢が50歳以上のご夫婦:二人で2,400円(夫婦50割引)
109シネマズ
(一般基本料金:1,900円)
  • 毎月10日:1,200円(109シネマズの日)
  • 毎月1日:1,200円(ファーストデイ)
  • 平日午前中の1回目上映作品:1,300円(グッドモーニングショー)
  • 毎日20時以降の上映作品:1,300円(レイトショー)
  • 女性限定の毎週水曜日:1,200円(レディースデイ)
  • 男性限定の毎週月曜日:1,200円(メンズデイ)
  • 毎月22日の男女問わないペア:二人で2,400円(ペアデイ)
  • 60歳以上:1,200円(シニア割引)
  • どちらかの年齢が50歳以上のご夫婦:二人で2,400円(夫婦50割引)
ユナイテッド・シネマ
(一般基本料金:1,800円)
  • 毎月1日:1,200円(ファーストデイ)
  • 12月1日:1,000円(映画の日)
  • 女性限定で毎週水曜日:1,200円(レディースデイ)
  • 男性限定で毎週木曜日:1,200円(メンズデイ)
  • 平日の1回目上映作品:1,400円(ファーストショー)
  • 毎日20時以降に上映される作品:1,400円(レイトショー)
  • 60歳以上:1,200円(シニア割引)
  • どちらかの年齢が50歳以上のご夫婦:二人で2,400円(夫婦50割引)

各映画館の割引サービスは劇場によって異なる場合もあるので、詳細は映画館の公式サイトで行きつけの劇場を確認してみてくださいね。

こーちゃん
日にちや時間帯が限られていて自由がききにくい映画館の割引サービスですが、面倒なことを何もしなくても安く映画が見れるのは大きな魅力といえそうです。

前売り券を買う

ムビチケの前売り券

当日ではなく事前に前売り券を買っておくと、映画料金が最大400円安くなってお得です。

見る映画が決まっていて、映画館に行く日が割引サービスのない日であれば前売り券を買っておくのがいいでしょう。

前売り券を買う方法は主に以下の3つがあります。

  • ネットで買う(ムビチケ)
  • 映画館で買う
  • コンビニで買う

この中でとくにおすすめなのが、インターネットサイトのムビチケで買う方法です。

ムビチケを利用すれば、わざわざどこかに足を運ぶ必要がなく、いつでもどこでもスマホを使って前売り券を買えますよ。

また、座席の予約も可能なため当日に行列に並ぶ必要もなくなるので、ムビチケを使うメリットはかなり大きいといえるでしょう。

ムビチケの注意点は、行こうとしている映画館がムビチケに対応していることです。

ムビチケは全国のほとんどの映画館に対応していますが、ムビチケを利用するときは念のために公式サイトで対応映画館を確認しておきましょう。

ちなみに、あまり知られていませんがムビチケの前売り券はAmazonでも購入することができます。

アマゾンポイントで前売り券を手に入れたいならAmazon経由がおすすめです。

Amazonの映画前売券ストアはこちら

金券ショップで安いチケットを買う

金券

金券ショップでは、「前売り券」「共通券」といった映画チケットが本来の値段よりも安く売られていることがあります

ほかにも、映画関連の会社の株を買わなければ手に入らない「株主優待券」が売れられていることもありますよ。

まれに格安で映画チケットが販売されていることもありますので、通勤路や通学路に金券ショップがある方は定期的に寄ってみてはどうでしょうか。

金券ショップの注意点として、映画チケットを買うときは使える映画館と有効期限を必ず確認するようにしましょう。

こーちゃん
僕は以前、金券ショップで運良く500円の前売り券をゲットできたことがあります。

ネットで安いチケットを買う

ネットショッピングのイメージ

実店舗の金券ショップだけでなく、ネットでも安い映画チケットを手に入れることができます。

ヤフオクなどのオークション、メルカリなどのフリマでは「前売り券」「共通券」「株主優待券」が出品されていることがあるのです。

運がいいと格安でチケットが買えるので、オークションやフリマをよく利用する方は映画チケットにも目をつけておくといいでしょう。

ただし、ネット利用の場合は自宅にチケットが届くまで日数がかかることに注意です。

クレジットカードの特典を利用する

数あるクレジットカードのなかには映画の割引特典が受けられるものがあるので、おすすめのカードをご紹介していきます。

イオンカード

イオンカード

イオンシネマでイオンマーク付きのクレジットカードで決済すると、一般の映画料金が300円割引になります。

また、毎月20日と30日お客様感謝デーであれば、カードの掲示によって料金が1,100円となってかなりお得です。

これだけでもありがたい割引ではあるのですが、イオンカードの割引で最も注目すべきは以下の3つのカードの存在です。

映画割引特典が優秀なイオンカード

  • イオンカード(ミニオンズ)
  • イオンカード(TGCデザイン)
  • イオンカードセレクト(ミニオンズ)

この3つのカードにはなんと、イオンシネマでの映画料金が常に1,000円になるというとんでもない特典があるのです。(年間1人50枚まで)

さらに、1,000円になる対象は自分だけでなく、同伴する恋人や友人、家族まで対象になる点も見逃せません

イオンシネマに通える環境にある方であれば、ミニオンズとTGCのイオンカードを利用するのが最強の映画を安く見る方法といえるでしょう。

こーちゃん
うれしいことに3つのカードは入会金や年会費が無料なので、とりえあず気楽にどれかを申し込んでおくのもいいですよ。

イオンカードについて詳しく見てみる

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾン

シネマイレージカードセゾンは、TOHOシネマズで安く映画を見るために欠かせないカードです。

シネマイレージカードセゾンを持っていると、TOHOシネマズで以下の特典を受けることができます。

  • 毎週火曜日(シネマイレージデイ)は1,400円で映画が見れる
  • 映画を6本見るごとに無料で1本の映画が見れる
  • 上映時間1分につき1マイル貯まる(たまったマイルは「ポップコーン」や1ヶ月映画見放題の「フリーパスポート」と交換できる)

シネマイレージカードセゾンの年会費は初年度が無料で、2年目からは300円となっています。

ですが、1年で1回でもショッピングかキャッシングの利用があれば、翌年の年会費は無料になりますよ。

シネマイレージカードセゾンの詳細はこちら

エポスカード

エポスカード

エポスカードを申し込むと、優待サイトのエポトクプラザが利用できるようになります。

エポトクプラザでは映画の割引優待が用意されており、ユナイテッド・シネマやシネプレックス、HUMAXシネマの共通映画鑑賞券を500円割引で買ったりすることができます

こーちゃん
エポスカードの入会金・年会費は無料で、映画以外の優待サービスも充実してますよ。

エポスカードの詳細はこちら

会員制割引優待サービスを利用する

会員制割引優待サービスに入会することでも映画を安く見ることができます。

映画以外にもお得な割引がたくさんあるので、レジャー利用や外食が多い方はここで紹介する優待サービスをぜひチェックしてみてくださいね。

みんなの優待

みんなの優待

みんなの優待は、ベネフィット・ワンが提供する会員制割引優待サービスです。

いつでも使える割引特典が100万件以上もあり、なかには以下のような映画の割引特典が用意されています。

  • 大手シネコン、地方映画館の劇場鑑賞券:300~600円割引
  • 映画作品券ムビチケカード:1,400円⇒1,330円

割引対象の映画館や作品がかなり多いので、みんなの優待に入会しておけば、常に割引料金で見られる映画の選択肢をグッと増やすことができますよ。

また、レジャー施設や飲食店など映画以外の割引クーポンも充実しているので、節約生活の大きな助けになってくれるでしょう。

みんなの優待は月額490円かかりますが、その額以上のお得さを実感できることがほとんどです。

こーちゃん
今なら最大2ヶ月間は無料なので、お試し感覚で申し込んでみるのもいいですよ。

みんなの優待の詳細はこちら

dポイントクラブ

dポイントクラブ

ドコモの会員サービスであるdポイントクラブに入会すると、火曜日のイオンシネマでの映画鑑賞料金が1,100円になる特典を利用することができます。

dポイントクラブの入会費は無料で年会費も不要なのがうれしいところです。

こーちゃん
dポイントクラブはドコモユーザーでなくても、dアカウントを作成することで誰でも入会できますよ。

dポイントクラブの詳細はこちら

auスマートパス

シネマイレージカードセゾン

以下のauの会員制サービスに入会することでも映画を安くお得に見ることができます。

  • auスマートパス(月額372円)
  • auスマートパスプレミアム(月額499円)
  • auビデオパス(月額562円 ※auユーザー以外も入会可能)

利用できる映画の割引特典は以下の2つがあります。

auマンデイ

月曜日のTOHOシネマズでの映画鑑賞料金が1,100円になる

auシネマ割

ユナイテッド・シネマ、シネプレックスでの映画鑑賞料金が1,400円になる

こーちゃん
TOHOシネマズでの料金が1,100円になるのは結構おいしいので、auユーザーで月曜日にTOHOシネマズに通いやすい方であれば入会を検討してみるといいでしょう。

auスマートパスの詳細はこちら

U-NEXTのポイントを利用する

U-NEXT

動画配信サービス(VOD)のU-NEXTに加入すると、毎月1,200円分のポイントをもらうことができます。

このポイントの使い道として、割引されたお得な映画チケットに交換する方法があります

対象の映画館の範囲も以下のように広いので、ポイントを映画鑑賞に使用する機会は多くなるでしょう。

  • イオンシネマ
  • 松竹マルチプレックスシアターズ・MOVIX
  • なんばパークスシネマ、大阪ステーションシティシネマ
  • ユナイテッド・シネマ
  • 109シネマズ
  • KINEZO(オンラインチケット予約)

「映画館での映画を安く見たいし、自宅や移動中でも映画などの動画を楽しみたい」といった方にとってU-NEXTはピッタリの存在ではないでしょうか。

U-NEXTは加入後の31日間は無料なので、まずはお試し感覚で加入してみるのもおすすめです。

こーちゃん
U-NEXTは動画サービスのなかでも配信動画数がトップクラスに多く、新作の配信も早いため、動画サービスのなかでもとくに高評価されていますよ。

U-NEXTの詳細はこちら

試写会に参加する

試写会のイメージ

試写会に参加すると無料で映画が見られるうえ、世間の人々よりも新作映画を一足先に見ることができます

また、試写会によっては舞台挨拶などのイベントもおこなっているため、劇場で出演者に会えることもありますよ。

試写会の参加人数はもちろん限られており、抽選に当選しないといけませんが、試写会の参加を狙っていきたい方は積極的に応募していくといいでしょう。

試写会の情報は「試写会CLUB」でチェックするのがおすすめです。

3D、4D、IMAXの作品を見るときはメガネを再利用する

3D映画用のメガネ

3D、4D、IMAXの映画を見るときは、これまでの割引方法にくわえ、視聴時に使う専用メガネを再利用することを覚えておきましょう。

3D映画などを初めて見るときは100円ほど支払って専用のメガネを買うことになりますが、このメガネは次回以降の視聴時に再利用できることが多いです。

こーちゃん
メガネの再利用によって浮くお金は100円ほどですが、積み重なると結構な金額になりますよ。

まとめ

映画のイメージ

ご紹介してきたように、映画を安く見る方法はたくさんあります。

よく行く映画館やライフスタイルに合わせ、ベストな割引料金で映画を楽しんでくださいね。

今回の記事がお役に立ち、あなたの映画ライフが充実することを応援しています。

こちらの記事もおすすめ

記事中でご紹介しましたが、会員制割引優待サービスやクーポンサイトを活用すると、映画鑑賞はもちろん、レジャー施設の利用やレストランでの食事を通常よりも安くすることが可能です。

安くお得に人生を充実させたい方は、おすすめの会員制割引優待サービスやクーポンサイトをまとめたこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

クーポンサイトを使いこなす女性
【2020年】クーポンサイトおすすめ25選。お得すぎる割引がたくさん!

「旅行プランが通常の50%の料金になる」 「日用品が通常の80%の価格で購入できる」 といったことを実現してくれるクーポンは、節約生活のなかでありがたい存在ですね。 僕もそうでしたが、「お得なクーポン ...

続きを見る

節約してお金を貯めたいならこちら!

「節約してお金をたくさん貯めたい」という方は、当サイトおすすめのこちらの記事も読んでてみてください。

数ある節約術の中でもとくに効果の高い節約術をまとめて紹介しています。

あなたの人生がより豊かになるヒントがここにあるかもしれませんよ。

笑顔の女性
【2020年最新版】本当に効果的な節約術25選!お金が貯まって笑顔も増える。

収入をUPさせてお金を増やすのが難しい現実のなか、節約を意識している方は多いのではないでしょうか? お金を稼ぐことよりも節約は簡単ですし、節約することで100万円のお金が浮いた場合、100万円を稼いだ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

こーちゃん

お金に余裕のない生活をしていたが、「なんとかして今の現実を変えたい!」という想いでいろんな節約術を実践。 その結果、ちょっとリッチな生活が実現できるようになり、周りからは節約マニアとも呼ばれるようになる。 このサイトでは、これまでに私が身につけてきた節約術など、お金に関する役立つ生活の知恵を発信しています。

-節約ブログ

© 2020 節約の王者こーちゃん